尿漏れは筋肉を鍛えるか泌尿器科へ相談しよう

中年女性

頻尿の原因

困る婦人

尿に異変があれば埼玉にある泌尿器科へ行き、相談しましょう。最近なんだか頻尿だなと感じれば、その原因はいくつかあります。日常生活に支障をきたす前に相談し、早めに治療しましょう。

Read

感染を防ぐために

ナース

梅毒は昔、不治の病でした。現代では早く発見できれば治療をして完全に治すことができますので、梅毒の症状を知っておきましょう。また、感染に思い当たる人は早めに検査をして、これ以上の感染者を出さないように気を付けましょう。

Read

男女でかかりやすい病気

病院

日常生活に異変があれば泌尿器の病気かもしれません。新宿の泌尿器科を探して早めに治療できるようにしましょう。男女でかかりやすい病気は違いますので病気についても把握しておくといいでしょう。

Read

20代の尿漏れ

医者

尿漏れが始まるのは歳を重ねてからだと思っていますか。実は今20代で尿漏れに悩む人が増えてきています。一人で悩んでいると対処できずに病気になる可能性もあり危険です。泌尿器科に行く前にまずは原因を見てみましょう。

尿漏れの原因のほとんどが「腹圧性尿失禁」と言われているもので、咳やくしゃみ、重いものを持つとき、大笑いしたときなど力が入るときに漏れてしまいます。これは骨盤を支える筋肉が弱くなることでおきます。骨盤を支える筋肉の低下は、女性ホルモンの分泌が減ることでも起きてしまいます。また、妊娠・出産・肥満のときにも骨盤の筋肉は低下してしまい尿漏れが起きやすくなります。
尿道の構造から、男女で比べると、女性の方が尿漏れの起きる確率が高いようです。それに加えて妊娠、出産ができる女性はさらに確率が上がるといえます。

骨盤を支える筋肉の低下から起こる尿漏れは、筋力を上げる体操やエスカレーターやエレベーターを使用せずに階段を使い筋力を高めるといいです。また、内股歩きも筋力の低下につながっていますので歩くときには内股にならないように注意して歩いてみましょう。どうしても尿漏れが続くようでしたら、尿漏れパッドなどで対策をして早く治せるように努めましょう。また、それ以外の対策などについては泌尿器科へ行き相談する方が早そうです。長引くとさらに悪化する可能性もありますので、近くの病院を探しておくことも大切です。治療が必要な場合は、医師から具体的な治療法などについて説明があるので、きちんと聞いておきましょう。